スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

E.ストリンガーの使用感を雑多に

こんばんわ。

IL115のストリンガーですが
実際に使ってみるとハイストリンガーとの差はそれほど大きくはありません。
ステータス差だけなら7しか変わらないので
よくよく考えてみれば劇的な変化があるほうが意味違和感があるといえましょう。
このあたりを雑多にごちゃごちゃ書いていきます。見難いのはご勘弁を。


まずは白兵戦フレームの物理攻撃への耐久性。
カミール山麓に生息しているラズ(イノシシ)からの被ダメはオートマトンの物理カットが-53.5%の状態で
一撃40~60、盾が発動して10前後というところなのですが
これはE.ストリンガーとハイストリンガーとの間でほぼ変化がありません。
VITの2倍が防御力に加算されるという説が濃厚らしいので、防御力換算で14の増加。
この程度であれば被ダメに直結してくるほどの値でもないので変化がないのは仕方のないところなのでしょう。
ちなみに、この状態でストリンガーを外すと被ダメはほぼ2倍になります。
七支公などのHNM相手への耐久性が上がればいいなと思っていますが、大した変化は無いかもしれませんね・・・。
~~~

お次は命中。
ペット強化系の装備をCCグアンティ+2、沢瀉膝甲、PNトベ+2の3つ程度装備した状態ですが
命中系アタッチメントをつけなくてもラズ相手に命中はほぼキャップ付近です。
これもE.ストリンガーとハイストリンガーの間であまり差はありません。
ハイストリンガーだと若干キャップに届いてないかなという感じですが、
命中系アタッチメント1つでカバーできる程度の範囲だと思います。
~~~

お次は射撃戦フレームの攻撃性能。
モリマー台地のラプトルを相手に遠隔ダメージが50程度上がっている感じです。
以前に射撃の遠隔D値にDEXが関わっているというお話をしましたが
西サルタバルタでの検証の結果、ハイストリンガーよりもDEXが7高い分、遠隔D値も底上げされていることがわかりました。
しかもどうやらこれが敵のステータスとの差分ではなく、純粋なDEX値のみで計算されている可能性が濃厚です。
言い換えるとDEXを上げれば上げるほど遠隔D値が上がり、そのキャップも現時点では不明ということです。
オートマトンのSV関数はSV差100付近でキャップするようなので、SV関数による遠隔D値補正もそこでキャップします。
したがって、敵によってはSTRを上げるよりもDEXを上げたほうが効果は大きいという状況が存在することになります。

ではF.ストリンガー、ハイストリンガー、E.ストリンガーで遠隔D値にどの程度差があるのかが気になるところ。
軽く調べてみましたがハイストリンガーを基準にした場合
F.ストリンガーは遠隔D値-12、E.ストリンガーは遠隔D値+4となることがわかりました。
それぞれのストリンガーのDEX差がそれぞれ-23+7なので
遠隔D値の上昇量はDEXブースト値のほぼ半分に等しいということになります。なかなか面白い結果が出ました。
IL119のストリンガーを入手できるような機会があればこの辺りももう少し調べてみたいところです。

何はともあれ、ハイストリンガーよりも入手が簡単で尚且つ完全上位という性能なので
まだ入手されていない方はエミネンス・レコードをやってみてはいかがでしょうか。
スポンサーサイト

テーマ : FINALFANTASY XI
ジャンル : オンラインゲーム

コメント

No title

AF119両手のマニューバ+1が気になりますねぇ!!

Re: No title

アビ効果系のプロパティが具体的に数値で表されるようになったのは嬉しいんですが
+1っていうのを見ると打ち直し前と変わらないんじゃ・・・という嫌な予感がします・・・。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
Secre

プロフィール

みょん

Author:みょん
2009年からAsura鯖でプレイ中です。
いまさらブログ始めました。
適当に色々書いていきます。

☆Player Data☆
Name:Noym
Server:Asura
Jobs:モ白黒暗青コか

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
アクセス数
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。