スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A.リペアキットとマナタンク

こんばんわ。
今日の記事は備忘録的なものなのであっさりめに。

A.リペアキットとマナタンクのリジェネ/リフレシュのまとめです。
まとめといってもハイストリンガーで最大HP/MPが上がった状態で回復量がいくらになるかというだけの話。
ストリンガーをつけてない状態のデータは用語辞典にまとまってあるようのでそちらをどうぞ。






スポンサーサイト

テーマ : FINALFANTASY XI
ジャンル : オンラインゲーム

パンデモ連戦と連環六合圏の装備など

こんばんわ。

先日、ミシック所有者および作成中の人で集まり各自トリガー持参でパンデモ連戦へ行ってきました。
しかもその数、10戦なり(゜▽゜;)

構成はナナモ白白詩 シ白学風剣の11人。

今なら絶対防御がなくてもやれる!(゜∀゜ )
魔回避・魔防装備とマントラの組み合わせはなかなかよさそうでした。
そして、最後の10戦目は私のトリガーだったわけですが



スコリア2個ドロップキター!!
ということでいただいてしまいました。ありがたや。ちなみにスコリアを2個ドロップしたのは10戦中2回でした。

途中で休憩を何度もはさんだりしたので4時間近くはかかりましたが無事に終了しました。
ブルトガング×2、カルンウェナン、乾坤圏がこの日めでたくLv99へ。本当にお疲れ様でした。


以下、からくりの話題

”からくり 装備”をキーワードにこのブログに迷い込んでいる人?がそれなりにいらっしゃるようで。
そういえばメナスやスカーム2の装備が出てから装備のことを記事にしてなかった気がするので
今日は久々にWS装備について書いてみます。

メナスNMのドロップ品(いわゆるマニボゾ装備)とスカーム2で手に入るオトロニフ装備。
どちらも性能が高くて良い装備なんですが、ステータスブースト量が大きくなりすぎて
いまいち比較しづらくて甲乙つけがたいという人は多いんじゃないかと思います。多分・・・。
そこでこの2種類の装備をWSの着替えでどう組み合わせたらいいかというところに焦点をあてていきます。
対象となるWSは連環六合圏(STR VIT修正、6回攻撃。TP:クリティカルヒット確率修正) 

マニボゾはAルートR15、オトロニフはオグメが付加されていない状態のもので胴脚足の3部位の組み合わせについて比較。
各部位単体で比較していくと混乱するのでステータスは3部位の累計で見ていきます。
S+VはSTRとVITの合算。

①攻命特化型(マニボゾ胴 マニボゾ脚 マニボゾ足)
 
攻撃力と命中のブーストに特化した組み合わせ。反面、VITのブースト量が最も低くなり、STR+VITの合算値も最も低くなる。


②SV特化型(オトロニフ胴 オトロニフ脚 オトロニフ足)

STRとVITのブースト(合算)に特化した組み合わせ。
S+Vが後述のバランス型Bと大差ない上に攻、命のブーストが雀の涙程しかない。おすすめできない組み合わせ。


③バランス型A(マニボゾ胴 マニボゾ脚 オトロニフ足)

STR、DEX、VIT、攻、命を非常にバランスよくブーストできる組み合わせ。困った時はこれが無難?


④バランス型B(マニボゾ胴 オトロニフ脚 オトロニフ足)

SV特化型をもう少しバランスよくした組み合わせ。攻、命は他と比べてほぼ平均的な値。ただしDEXは少々低め。


⑤バランス型C(オトロニフ胴 マニボゾ脚 オトロニフ足)

STR、DEX、VITの3ステータスを重視した組み合わせ。攻撃力は大きく下がるがDEXが最も高くなる。
クリティカルヒット確率に夢を見る人はこちら。足と胴にクリティカルヒット+のオグメがついていれば文句無し。


⑥バランス型D(マニボゾ胴 オトロニフ脚 マニボゾ足)

STR、VIT、攻、命をバランスよくブーストした上でDAも欲しい人という向け。DEXが最も低くなるのがネック。


⑦バランス型E(オトロニフ胴 オトロニフ脚 マニボゾ足)

Dタイプ同様にDAにこだわる人向けの組み合わせ。Dタイプと比較するとDEXは上がるが攻撃力が下がる。


本当はもう一つ組み合わせがありますが非常に微妙だったので割愛。
意外と組み合わせによってブーストできるプロパティに傾向が出ることが伺えます。
基本的にマニボゾは攻撃力と命中が高く、オトロニフはステータス(特にSTRとVIT)が高めですが
マニボゾをR15まで強化した場合はSTRがほぼオトロニフと同じくらいの値まで上がるので実はあまり大差はありません。
その分攻撃力と命中ではオトロニフと大きく差がつきます。

個人的には③が一番無難かなーと思いますが
敵の強さ、DAの有無やDEXの重要度などの好み、さらにオトロニフのオグメによってもだいぶ変わってくるので
一概に答えは出ないでしょう。おおまかな判断基準になればと思います。

頭と手装備に関しては、上記2装備よりもウァールマスクとウクシカジキャップが圧倒的に上位であり
手もオトロニフとマニボゾの比較をしようとしたのですが、さすがにこれを含めると組み合わせがちょっと多すぎるため
この2部位については今回は外しました。
私はウクシカジキャップは持っていないのでわかりませんが、おそらくクリティカルヒット+3%と攻、命がトレードオフになるでしょう。
からくり士であればそこまで格上の相手を殴る状況も少ないので
過剰に攻、命にこだわるよりはクリティカルヒットを上げたほうがダメージは上がりそうな気がします
こればっかりは状況によりますし、細かいデータをとらないと結論は出ないでしょうね。好きなほうでいいと思います。まる。

そんな感じで、胴脚足の3部位の話がメインになってしまいましたが、他部位で悩むところといえば
指 腰 あたりでしょうか。いわゆるアクセサリ部位。

①エポナ/ラジャス
②エポナ/オネイロス
③エポナ/猛火
④ラジャス/猛火
⑤ラジャス/スパイラル
⑥猛火/猛火
⑦猛火/スパイラル

さすがに②はいないかな・・・⑤も少なそう。
①、③、④のどれかの人がほとんどだと思います。⑥の人も意外といそう?
VITも含めたステータスブースト量だけを見れば指の組み合わせより胴脚足の組み合わせのほうが差が大きくなるので
胴脚足の組み合わせを決めてから考えたほうがいいかもしれませんね。
ちなみに私は⑤です。STR DEX VITがバランスよく上がる組み合わせ。

腰も難しい。何より選択肢が少なすぎる。私は面倒なのでプロシリオベルトつけてますが近々再考します。
(連環は初段とそれ以降の倍率が変わらないので、属性ベルトは相性が悪いかなと思っています。)
勘違いでした。連環は倍率が初段0.75、2hit以降は1.0。
Hit数の多い多段WSで「初段倍率を0.1だけ上げる」のと、「全段に有効なパラメータを上げる」のとではどちらがいいか
というところに焦点を当てて考えるとよさそうですね。


他部位のアクセサリは首と背に関してはネファリアスカラーとランカーマント。耳はコンビDA7%のアレ。
首も上記理由により属性ゴルゲで初段の倍率だけを0.1増やすよりは、
全段有効なクリティカルヒットを上げたほうが全体的な底上げになると判断しました。

マルチアタックも2hit目までしか判定がないので、個人的な優先度はクリティカル>マルチアタックです。

ちょっと長くなってきたので軽くまとめてみましょう。


武器 オアティ/ニンザ+1/リゴア/その他  ←持ってる装備で一番強いものを。
頭 ウァールマスク/ウクシカジキャップ/オトロニフ/マニボゾ  ←持ってる装備で他部位の組み合わせと相談。
胴 オトロニフ/マニボゾ  ←ついてるオグメや強化ランクを考慮して上記表を参考に。 
手 ←同上
脚 ←同上
足 ←同上
首 ネファリアスカラー  ←背との組み合わせを考えるとこれがベスト? 命中が足りていないようであれば命中系に。
耳 コンビDA+7%のアレ。
指 エポナ/ラジャス/猛火/スパイラル/その他 ←お好きにどうぞ。
背 ランカーマント  ←首との組み合わせ次第。
腰 プロシリオベルト  ←手抜き。他にいいのがあったら教えてください。カーダタベルトが装備できたらな~・・・


後半ものすごく投げやりになった挙句、大半は「自分の好みで決めてください」という結論になってしまいました。
でも実際のところ装備なんて自分で着たいものを着るのが一番なんですよね。
他人が決めたものに従ったり参考にするのも大いにありですが、最後の微調整はやっぱり自分の判断です。

というわけで、だらだらと長く書いてしまいましたが
「俺はこんな組み合わせ使ってるぜ」的な意見があれば教えてください。
若干情報不足気味なのでぜひ参考にしたいです。

テーマ : FINALFANTASY XI
ジャンル : オンラインゲーム

花鳥風月@からくりソロまとめ

こんばんわ。
乾坤圏のノックが順調に終わって、残りはマルシバースコリアの納品のみとなりました。
前々から地道にゼニを貯めていたのもあってパンデモ3戦分のトリガーもなんとか確保!
あとは本戦を迎えるだけ。

ということで
花鳥風月のからくりソロ攻略について戦い方/注意点、おおよその戦闘時間などをまとめてみました。
ミシック作成に向けてこれから挑戦する予定、もしくは今まで花鳥と縁のなかった人が始めてみる際の参考になればと思います。
※戦闘時間は下記装備での火力もしくはペット強化装備でオートマトンに殴らせた場合での平均。ペット強化装備は割愛。

武器 オアティフール
遠隔 ハイストリンガー
頭  ウァールマスク
首  アスパーネックレス
耳  ブレードボンピアス/ブランデシュピアス
胴  タウマスコート
手  オトロニフグローブ
指  エポナリング/ラジャスリング
背  デスパースマント
腰  ウィンドバフベルト
脚  マニボゾブレー
足  マニボゾブーツ


マムージャルート

STEP1
ギギルン ・・・ 殴るだけ。1分未満。時間がかかると爆弾を置きながら隣の部屋に逃げた挙句、
         他のキキルンをリンクさせて戻ってくる。

STEP2
イリズイマ ・・・ 殴るだけ。1分程度。注意事項は特になし。

STEP3
ディー ・・・ 殴るだけ。1-2分。注意事項は特になし。

アームドギアズ ・・・ マスターが殴って20-30分。ソロだととにかく時間がかかる。硬さが異常なだけで攻撃面は普通。
         ヘヴィーアーマチュア対策にサポ赤推奨。(ディアガを撃ってからひたすらディスペル連打)
         最低でもファランクス、ストンスキン、プロテスは消すこと。ヘルプが呼べるなら学者か詩人で来てもらいましょう。
         アチニンを背負って計略で削ってもらうと大幅な時間短縮。(ただし敵対心には気をつけて)
         マーチをもらえれば戦闘時間は約半分に。
         マトンに削ってもらう方法でもOK。汎用フレームでマジックモーターをメインに削ってもらう場合の所要時間は
         マスターが殴る場合より少々遅い程度。マジックモーターはカットを無視してほぼフルで通る。
         低HPを維持しながら戦うのがコツ。

ゴトージャ ・・・ マスターが殴って3-4分。序盤の黒魔道士モードは精霊魔法の頻度が激しく
          魔力の泉中はスタン以外で詠唱中断できないこともあって魔法がちょくちょく直撃することがあり、
          事故の可能性が高め。しかも詠唱速度がとてもとても速い。
          安全にやるなら少々時間はかかるが白兵に殴らせたほうが無難。10~15分程度で削りきってくれる。
          ファイアースピットやグランドバーストが結構痛いので回復は黒衣チェンジだけに頼らず
          リペアーやカニバルブレードをきちんと使って多少は余裕を持たせることがポイント。
          油断は禁物。個人的には花鳥風月のNMの中で1,2を争うほどの強さ。

STEP4
ティンニン ・・・ 10分程度。HP50%・首が1本の状態でPopし、時間経過によりHPが回復しながら首が1本ずつ再生していく。
          殴るだけなのだが、首が3つ再生し終わるまではいかなる手段を使っても削りきることはできない。
          削っている時間よりも首の再生を待っている時間の方が長い。漫画でも読みながらやるべし。


ハルブーンルート
STEP1
オブ ・・・ 殴るだけ。1分程度。いまさら解説するまでもないでしょう。

STEP2
アナンタボガ ・・・ 殴るだけ。1-2分。歌の使用間隔がとても短い。ヴィルレーを使ってくるが大半はレジストできる。
           魅了されても魅了時間が短いので不安ならサポ白・赤でスリップを入れておけばおそらく大丈夫。
           さらに不安な人は射撃で削ってもらいましょう。

STEP3
ノスフェラトゥ ・・・ 射撃で3-4分。アスフロは大したことはないが魅了があるので射撃で削ってもらうのが無難。
           STEP3なので魅了をレジストに頼るのは少々危険。ドレスパが面倒だが最悪リペアーを使えば問題なし。
           Pop地点の周囲にたくさんのチゴーとアムルタートが1-2匹いるので必要なら掃除を。

アカモート ・・・ 殴るだけ。1-2分。途中でわく幼虫はスルー。成虫になってもスルー。
          Pop地点の周囲にワモーラがたくさんいるので事前に掃除しておくと楽。

ブーボーロー ・・・ 殴るだけ。2-3分。HPを一定量削るごとに護衛がわくがすべてスルー。
           護衛がわいた状態でさらに一定量削ると護衛が全て消滅して新たな護衛がわくというサイクルを繰り返す。

STEP4
サーラメーヤ ・・・ マスターが殴って4-5分。オートリジェネがあるせいで白兵の火力だけだと
           30分近くはかかる模様.(15分かけて半分削ったが途中でマスターに交代した)
           さくっと終わらせたいならマスターが殴るほうが無難。
           連続魔を複数回使ってくるが魔攻が低い上にそこそこの確率でレジストできるので
           数発魔法をくらう分には問題ない。が、なにぶん詠唱回数が多いのでHPはそれ相応に削られる。
           不安な人はダメージゲージを活用(光マニューバを2つ入れてケアルの使用間隔を短く)すると安心。


アラパゴルート
STEP1
ヴェリオニス ・・・ 殴るだけ。1分程度。稀に精霊魔法が直撃してHPが黄色くなる時があるくらいで特に注意事項はなし。

STEP2
ウルガル ・・・ 殴るだけ。2分程度。序盤が硬いだけ。特殊技を連発してくるがほとんど回避する。

STEP3
マジュラエフ ・・・ 3-4分。Pop地点がヘディバ島。からまれずにPop地点までたどり着けたあなたはMGS上級者。
           西(東)の通路まで引っ張って戦うと安心。ただし、奥まで行き過ぎるとインプがいるので注意。
           バリアを張られたら腹話術をして赤マトンに精霊で削ってもらう。(IV系精霊2-4発で破壊できる)
           バリアが破れたら【全力で攻撃だ!】 

ヌン ・・・ 白兵で10分弱。HP50%を切ってからのデスナッシュ対策ができていればマスターが殴って時間短縮可。
      Pop地点までの移動が面倒(移動距離が短くない上にラミアの牙のカギが最低1個必須)なのと
      トリガー取得の手間を考えると、あまりリスクは負わずにオートマトンに削ってもらうのが無難。
      安全に早く倒したい!という人はサポ忍推奨。

EXラミア ・・・ 殴るだけ。1-2分。途中でわく護衛3体はスルーしてNM本体を徹底的に叩く。
         ほぼ常時4体を相手にするのでHPが黄色くなったりするがオートマトンのケアルがあれば問題無し。
         不安な人は事前に周囲の骨2匹とメロー1匹を掃除しておくと安心。
         Pop地点に行く途中でヌンのPop地点を通過するので
         両トリガーを準備してヌン→ラミアの順で同時進行することを推奨。

STEP4
ティガー ・・・ ケツから殴るだけ。2-3分。STEP4の中では最も楽な敵。ゴトージャのほうがよっぽど強いっていう。


※追記
総評
Lv差と装備性能によりほとんどの敵は雑魚化しています。75時代では考えられなかったほどに。

ただし、今でも十分注意したほうがいい敵はいます。ゴトージャとサーラメーヤ。この2体です。

どちらも高位の精霊魔法を高頻度で使用してくるという共通点がありますが、注意すべきなのはまさにこれ。

アドゥリンの魔回避装備でなんとかなるやろーwという軽い気持ちでいくと結構痛い目を見るんですね。

1発や2発程度の精霊魔法ならなんとかなります。が、それが4発、5発、果ては10発近い数になるとどうでしょう?

いわゆる数撃ちゃあたるというやつで、ゴトージャは魔力の泉、サーラメーヤは連続魔使ってくるため

魔法を数回レジストした程度では焼け石に水なのです。特にゴトージャの魔法が直撃すると4-5割は持っていかれます。

レジストできずに直撃した場合の咄嗟のリカバリの方法をきちんと考えておかないと

パニくってそのままやられてしまいます。(私もちょっとやばくなったときがありました)

特に魔力の泉や連続魔中に自分のHPが残り400とか500になったとき、すぐに適切な行動がとれるよう準備しておきましょう。

テーマ : FINALFANTASY XI
ジャンル : オンラインゲーム

アトルガンの秘宝

こんばんわ。
夏が終わって9月に入りましたが、まだ暑い上に雷雨も激しくなかなか鬱陶しい日が続きますね・・。

(以下、ミシックウェポン取得クエスト関連のネタバレ(画像含む)があります。ご注意ください。)


先日、残っていたアサルト4つを終わらせて、無理難題を押し付けられた「任務、任務……また任務!」がようやく終了しました。

アレヴァトと龍、バルラーンの眼帯、アサルト日誌、そして残りのアレキサンドライトを納品してパパルンの推薦状をゲット。





このまま白門へ戻ってイベントを見てクエストを進行します。





この時点で乾坤圏を入手できますが、真の性能を発揮していないので普通の武器。




カダーバの浮沼の墓地へ行き、花鳥風月第4段階NMのドロップ品(ティンニンの牙、サーラメーヤの皮、ティガーの尾)をトレードしてBFのトリガーを入手。

そしてナイズル島でのBF戦。
1戦目のZahakは首を3つ切り落とせば戦闘終了。
1本目は通常攻撃のクリティカルで、2本目と3本目は連環六合圏で切り落とし。
何気に自キャラ画像はこれが初・・・?




いよいよ2戦目のBalrahn。
Balrahnが台詞と共に連環六合圏を放った後にこちらも連環六合圏を撃ち、TP100,200,300のアフターマスをそれぞれつければ戦闘終了。しかしこれがなかなか曲者。
私の時はなかなか連環六合圏を使ってくれず、気づいたときには残りHPが50%程だったので仕方なく後ろ向きで待機することに。
使ってくれたのは戦闘開始から5分ほど経過した頃・・・。




ここでの注意事項は今のレベルと装備だと普通に殴っているだけでBalrahnのHPを削りすぎてしまうという点。
ラスト1%くらいまで削るとそこからダメージを与えられなくなり、こちらのTPが貯まらなくなります。
からくり士であればヒートキャパシターとタクティクスウィッチを有効活用しましょう。サポ踊でR.フラリッシュと併用するとさらにグッド。

戦闘終了後は、再びカダーバの墓地へ来いと言われるのでカダーバの浮沼へ。

イベントを見た後、乾坤圏をトレードすれば真の性能を発揮するようになります。




そして念願の乾坤圏を(σ´Д`)σ



長かったようで意外とあっさり終わった感じがするのは、トークンやアンプル稼ぎが楽にできるようになっていたからでしょうか。
今ならトークンは1回で5000~7000くらい。アンプルも6人いればT3はクリアできるので毎回1920↑。
金策もかなり頑張りましたが、アサルトやエインなんかは一緒に進行してくれた人達がいたからこそできたようなもの。
みんなで協力してようやく完成するという面ではMMOらしい装備だなと改めて思いました。
アレキをバザーしてくれた多くのプレイヤーのみなさんにももちろん感謝。本当にありがとうございました。

これでまた首をチルコに、背をパンタンに戻せるようにはなるんですが
秋の強化がくるまでは結局オアティフールのお世話になりそうなんですねぇ・・。複雑な気持ち。


Lv99までの強化に向けてメイジャンが残っているのでそちらをやりつつ
近いうちに花鳥風月のからくりソロ攻略についてまとめてみようかと思います。

Ψ(`∇´)Ψ・・・乾坤圏の強化が終わったら学者をやるんだ・・・!

テーマ : FINALFANTASY XI
ジャンル : オンラインゲーム

プロフィール

みょん

Author:みょん
2009年からAsura鯖でプレイ中です。
いまさらブログ始めました。
適当に色々書いていきます。

☆Player Data☆
Name:Noym
Server:Asura
Jobs:モ白黒暗青コか

カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
アクセス数
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。